B型肝炎と給付金


B型肝炎B型肝炎という言葉をテレビのニュースなどでたまに耳にすると思いますが、いま一つよく分かっていない方は多いのではないでしょうか。B型肝炎は日常生活の中で感染する確率は極めて低いと言われていますからそう身構える必要はないのですが、感染力の高いウイルスですから血液や体液を介して感染する恐れがあります。感染してしまうとどうなってしまうのかが気になりますが、一過性感染では自覚症状がないまま治癒してしまうこともあります。

そのまま治癒してしまうこともあれば、急性肝炎を発症することもあります。急性肝炎は肝細胞に炎症が生じてしまう症状で、肝臓病の一種となります。急性肝炎も基本的に数ヶ月程度で治癒してしまうのですが、ごくわずかながら劇症肝炎を発症してしまうリスクもあります。これは肝細胞の破壊が進行する病気ですから、その後さまざまな病気を引き起こす可能性もあります。

日本では昭和23年以降法律によって予防接種が行われてきましたが、この時に注射器を連続使用するなどしてB型肝炎に多くの方が感染しています。その後B型肝炎訴訟へと発展するわけですが、被害を受けた方は給付金を請求する権利があることをご存じでしょうか。ここでは、B型肝炎の給付金についてお話しますから、該当する方はしっかりと読み通してください。B型肝炎の給付金は法律によって期限が定められていますから、のんびりしていると給付金の請求ができなくなる可能性があるため注意が必要です。