二次感染者と遺族


先ほどは一次感染者について給付金請求の条件などをご紹介しましたが、ここでは二次感染者と遺族についてお話します。まず、二次感染者とは母子感染した方を指しています。母親が一次感染者として認められていることが前提となり、血の繋がりがある自身もB型肝炎ウイルスに持続感染しているとなると二次感染者になります

給付金請求二次感染者であることを証明するための要件ですが、原告となる母親が一次感染者である要件をすべて満たしていることが最初の条件となります。これについては先ほどご紹介した通りです。その上で原告がB型肝炎ウイルスに持続感染している、母子感染であることを証明できれば給付金の請求が可能になります。

遺族の方、相続人の方も給付金請求は可能となっています。B型肝炎が原因で亡くなってしまった方の代わりに給付金訴訟を起こすことができますから、亡くなってしまったからと諦めるのではなく訴訟を検討してみましょう。最初にお伝えしたようにB型肝炎の給付金請求には期限がありますし、平成34年までとなっています。これを過ぎてしまうともう請求訴訟を起こすこともできませんから、該当する方はこの期限までに給付金請求の訴訟を起こすことを検討してください。

*参考HP*アディーレ-B型肝炎給付金受給対象者